借金スパイラルに巻き込まれないために
Home » 多重債務って何 » 多重債務はブラックリストに入る?

多重債務はブラックリストに入る?

多重債務って何
多重債務はブラックリストに入る?

多重債務になったとき、ブラックリストに入るのではと、心配な方も多いのではないでしょうか?
正確には「ブラックリスト」というリストはないのですが、いわゆる「借入の利用を一切お断りされる状態」はあります。
その状態のことをブラックと呼びますが、多重債務は世間的なイメージ通り、ブラックに当てはまる条件です。

なぜそうなるのかは、日常感覚でもわかりますね。
すでに山ほどの借金を背負っている方が、新しい借金をして返せるのかを考えると、まず難しいと判断されるのが普通です。
貸しても返ってこない恐れが強いため、新規借入を一切お断りされるわけなのです。
これで「ブラック」に当てはまると言えるでしょう。

ただし、同じ多重債務でも、条件によってブラックの度合いにも軽いもの、重いものとがあります。
比較的軽いのは、多重債務ではあっても、返済遅延がないもの。
この場合、今背負っている借金の数が問題なので、借金を少し返済して数を減らせば、ブラックでなくなります。
すると、すぐに借りれることもあります。

比較的ブラックの度合いが重いのは、多重債務であり、しかも各借金の返済が遅れている場合。
このときはその返済遅延の情報の一つ一つがすべてブラック情報となり、そちらが理由で借入を断られるようになります。
なんとか借金を返済し、借金の数を減らした後も、ブラックとして扱われます。
一度すべての借金を完済しても、当分は借入できませんね。
そうなる理由は、借金の利用はすべて記録が残っており、今借りている借金の金額や件数、過去の借金の返済状況などはすべてわかるから。
これがあるから、多重債務になると一切借りれない「ブラック」となるのですね。
ちなみに、返済遅延などの問題記録は、5年近く記録が残るのが普通。
これがあるため、返済遅延がある多重債務は、ブラック期間が長引くのですね。

以上のように、多重債務はそれ自体がブラックとなります。
少しでもその影響を減らしたいなら、多重債務の中で返済遅延をしないように気を付けてください。

The following two tabs change content below.

多重債務って何事務局

債務でこれからの人生プランが崩れてしまわないように、こちらで知識を身につけておきましょう。