借金スパイラルに巻き込まれないために
Home » 多重債務って何 » 多重債務を解決する定番の方法

多重債務を解決する定番の方法

多重債務って何
多重債務を解決する定番の方法

多重債務とは、借金の件数が多すぎることを言いますが、実際には各借金の返済が追いつかなくなっており、そちらの方が深刻な問題になることも多いでしょう。
コレを解決する定番の方法が、債務整理。
債務整理にはいくつかのタイプがあるのですが、有名なものは「自己破産」ですね。
借金の返済を免除、つまりは帳消しにする制度。

このように、自力で返済するのが事実上難しくなった借金を清算する最終手段が、この「債務整理」なのです。
自己破産は、あくまでこの中の1つの方法なのですね。
他によく使われるのが、「任意整理」です。
自己破産は借金帳消しでしたが、任意整理は「借金減額」。
残りの返済必要額を減額してもらえないか、お金の貸し手と交渉する手続きになります。
もちろん、お金を借りている本人が自分で銀行や消費者金融などに電話して頼んでも、聞いてもらえないことがほとんどです。
これをしたいなら、交渉のプロとなる「弁護士」などに依頼するケースがほとんどですね。

これにより、たとえば「利息分は返済免除、元金分だけを返済して終了」となったり、他にも「利息分は必要額の半額にする」となったりするわけです。
自己破産ではないので、完全に返済が免除されることは稀ですが、返済必要額が減額されるだけでも、返済はグッと現実的になります。
また、これら減額交渉は適当に行われるのではなく、事前に弁護士と話し合い、これから返せそうな金額を確認の上で行われるのが基本。
つまり各返済者に合わせ、ギリギリで何とか返せそうな返済額へと調整されるので、これまで溜まりに溜まった多重債務でも、返済できることが多いのです。

「自己破産」「任意整理」など、このような債務整理が救済措置として使えますので、多重債務の方からはよく使われます。
どう考えても返済できないような、膨大な借金でも債務整理を使えば整理できることも多いです。
多重債務を解決する定番の方法ですので、困ったときは使ってみるといいでしょう。

The following two tabs change content below.

多重債務って何事務局

債務でこれからの人生プランが崩れてしまわないように、こちらで知識を身につけておきましょう。